ハバロフスク2003:国家・民族・宗教を超えて
8月10日:ワークショップ「語り物と踊り」(シカチ・アリャン村野外博物館)
そして建設中の博物館見学、芸能フェスティバルのフィナーレへ

この記録は、企画制作チームの一員として、また実行委員会事務局メンバーとしてこのフェスティバルに参加した筆者の個人的な感想である。


シャーマンは腰に鏡をくくりつけ、金属製の角のついた冠を被っている。冠の角の数でシャーマンの格が決まるという。


ニーナ村長が手にしているのはシャーマンが使う飛翔体である。これで空を飛ぶのである。


博物館の前で村長(中央)、小学校長(村長の左側)と交流。


ワークショップを終えてハバロフスクに戻ってきた。ちょうど由紀さおり・安田祥子姉妹のコンサート(コンサートホール)に間にあった。ハバロフスク市民が席を埋め尽くして日本の童謡に聞き入っていた。このあと、野外ステージでの南こうせつのステージ。ラストは新曲「国境の風」、レーニンスタジアム広場に集まった聴衆は三万人。あたたかくそして真摯なハバロフスク市民に支えられて日本芸能フェスティバルは成功裡にフィナーレを迎えることができた。

前頁へ | 次頁へ
2003 Ippei Wakabayashi, Tokyo Japan